武蔵野台クリニック 内科・消化器内科

MENU

ピロリ菌検査・治療

medical

ピロリ菌検査・治療- Medical -

ピロリ菌

ピロリ菌とは

Helicobacter pylori(H.pylori)は1983年オーストラリアのウォーレン、マーシャルにより初めて胃粘膜より分離培養された菌です。
マーシャルが自身でピロリ菌を飲んで急性胃炎になったことで病原性を証明しました。ウォーレン、マーシャルはこの業績で2005年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。
それまでは胃十二指腸潰瘍の原因がストレスや環境因子などと考えられていましたが、現在では、多くの研究により、本菌は多くの病原因子があって、胃十二指腸潰瘍のほか、胃MALTリンパ腫、機能性胃腸症(FD)、胃の過形成ポリープ、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、胃がんとも密接に関連していることがわかっています。

感染経路

日本人ピロリ菌感染率の過去と将来予測※図1

免疫機能が整う前の6才以下で感染します。現在想定されている感染ルートは幼児期の経口感染です。とくに発展途上国については水、あるいは食物を通しての感染も推定されています。
上下水道施設の整っている先進国では家族内感染(親、祖父母から子にうつる)、集団内での感染(保育園、幼稚園などの子供同士の感染)と考えられています。
日本人では以前は日本人のほとんどの人がピロリ菌に感染していましたが、衛生環境の変化により、感染者は減少傾向です。※図1

胃の中は強力な胃酸に守られていますが、ピロリ菌はラセン型で鞭毛を持ち、中性環境の胃粘液層内に存在、移動し、胃に接着しています。ピロリ菌はウレアーゼという酵素により、尿素を分解してアンモニアを産生し、胃酸を中和することにより胃内での持続感染が可能となっています。

ピロリ菌と胃十二指腸潰瘍、胃がん

ピロリ菌に持続感染すると徐々に胃炎が進み、慢性胃炎となります。そうすると環境因子(ストレス、塩分多い食事、発がん物質など)の攻撃を受けやすくなり、潰瘍や胃がんを起こしやすい下地を作ってしまいます。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍に関しては制酸剤で一旦治癒しても6~12ヶ月後には再発すことが多くありました。ピロリ菌を除菌すると再発が減少します。

胃がんとの関係

Uemuraらは、日本人患者を内視鏡で経過観察を行った結果、感染者1,246人からは36人(2.9%)に胃がん発症を認めたのに対し、非感染者からは胃がん発症は認められなかったと報告(Uemura N, et al.: Helicobacter pylori infection and the development of gastric cancer. N Engl J Med 2001; 345: 784-9.)。また、JAPAN GAST Study Group(JGSG)の臨床試験により、早期胃がん内視鏡治療後症例でピロリ菌除菌により胃がん発生は1/3に抑制されることが明らかとなっています(Fukase K,et al.:Lancet 372;392-397,2008)。2014年のWHOの下部機関であるIARCが、胃がん予防としてH.pylori除菌による対策を推奨しました。
ただし除菌すると胃がんの発生率は低下しますが、胃がんにならないということではないため定期的な内視鏡での経過観察が必要です。

ピロリ菌除菌について

我が国では2000年12月より消化性潰瘍に対しH.pylori除菌療法が保険適用となりました。
また、H.pyloriが消化性潰瘍だけではなく様々な疾患に関連があると判明し、2009年1月に発表された日本ヘリコバクター学会ガイドライン2009では、“H.pylori感染症”に対し除菌を行うよう強く勧められております。2013年2月21日に慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)の除菌療法への保険適用がなされています。
現在の保険診療上は、上部消化管内視鏡で慢性胃炎を確認した後に、適切な方法でH.pylori感染診断法を実施し「H.pylori感染胃炎」と診断します。

ピロリ菌検査を受けた方が良い方

  • ①内視鏡検査又は造影検査において胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の確定診断がなされた方
  • ②胃MALTリンパ腫の方
  • ③特発性血小板減少性紫斑病の方
  • ④早期胃がんに対する内視鏡的治療後の方
  • ⑤内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた方

上記①~⑤は保険診療でピロリ菌検査除菌が可能な病名です。このうち、①~④については担当医がいらっしゃると思いますのでよくご相談ください。⑤についてはドックの内視鏡で指摘されて、そのままになっていることもあるため、注意が必要です。

検査方法

感染診断法は、内視鏡を用いる侵襲的な検査法と、内視鏡を用いない非侵襲的な検査法とにわかれます。

a.内視鏡による生検組織を必要とする検査法

ピロリ菌は胃の中で不均一に分布しており、2箇所採取が望ましいとされています。

① 迅速ウレアーゼ試験
尿素とpH指示薬が混入された検査試薬内に、胃生検組織を入れると、標本内にピロリ菌が存在する場合には、ピロリ菌のウレアーゼ活性により尿素が分解され生じたアンモニアによりpHが上昇しpH指示薬の色調変化が起こってピロリ菌の診断をすることができます。簡便で迅速、精度は高いのですが、検査結果を保存することはできません。
② 鏡検法
胃の生検組織標本を用い、通常の組織診断と併せて、菌の有無を判定します。結果の保存性に優れています。
③ 培養法
標本を採取したら直ちに輸送培地内に入れ、冷蔵保存し48時間以内に分離培養を行います。特異性に優れ、菌株の保存が可能で、抗菌薬の感受性試験等が可能です。

b.内視鏡による生検組織を必要としない検査法

① 尿素呼気試験

13Cで標識した尿素を内服し、ピロリ菌が存在する場合には、ウレアーゼ活性により標識尿素が標識二酸化炭素(13CO2)とアンモニアに分解されます。発生した13CO2が血液を介して速やかに呼気中に排泄されます。13Cで標識した尿素を内服する前後の呼気中の13CO2濃度の差で判定する方法です。簡便で検査精度が高く、感染診断、除菌判定にも有用です。カットオフ値が2.5‰以上で陽性(ピロリ菌がいる)ですが、除菌判定では2.5~5.0‰は事実上の判定保留域なので、しばらく間をおいて再検査をすることが望ましいです。

② 抗H.pylori抗体測定

H.pylori抗体は、血液、尿、あるいは唾液を用いて測定可能です。
ドックの血液検査の項目に追加が可能です。
血清抗体測定法を除菌判定に用いるときは、除菌前と除菌後6ヶ月以上経過時での定量的な比較を行い、抗体価が前値の半分以下に低下した場合に除菌成功と判断します。
現在頻用されている測定キットでは、陰性と判断されてもカットオフに近い場合は一定の確率で感染者が存在することが知られています。他の検査で感染の有無を確認することが望ましいです。

③ 便中H.pylori抗原測定

非侵襲的、簡便で、精度が高いです。除菌前の感染診断および除菌判定に向いています。

一部の制酸剤や防御因子増強薬等、ピロリ菌に対する静菌作用を有する薬剤が投与されている場合、感染診断の実施に当たっては、当該静菌作用を有する薬剤投与を少なくとも2週間は中止することが望ましいとされています。除菌判定においては4~8週あけたほうが良いです。

ピロリ菌除菌療法

除菌療法には1週間抗生物質と胃薬を内服します。
除菌判定には尿素呼気試験、便中抗原法、抗体測定法が勧められます。

1次除菌治療
2種類の抗生物質と胃酸を抑えるお薬を朝と夕方の1日2回1週間しっかりと続けて飲みます。除菌治療終了後、4~8週間以上経過後検査を行います。
2次除菌治療
1回目の除菌治療で除菌ができなかった場合は、薬を変え、再度除菌治療を行います。除菌治療終了後4~8週間以上経過後検査を行います。
3次除菌治療
保険診療上は2次除菌までです。
保険外の治療となってしまいますが、患者様のご希望に応じて対応いたします。

除菌療法の副作用

ほとんどの方は特に症状なく終了します。
下痢、軟便が約10~30%、味覚異常、舌炎、口内炎が5~15%、皮疹2~5%の報告があります。発疹、出血性腸炎などで中止となることもあります。
これらの副作用は事前に予想できません。
保険での除菌治療薬にはペニシリン系の薬が入っています。ペニシリンアレルギーの方は保険での除菌療法はできません。3次除菌と同様ですが、保険外の治療となってしまいます。患者様のご希望に応じて対応いたします。

注意点

  • 確実にピロリ菌を除菌するためには、処方された薬は必ず服用するようにしてください。
  • 自己判断で服用を中止すると、除菌に失敗して、治療薬に耐性をもったピ口リ菌があらわれることがあります。
  • すべての治療が終了した後、4~8週間以上経過してから行うピロリ菌の検査は必ず受けてください。また、検査に抗体測定を用いる場合はすべての治療が終了した後、6ヶ月以上あけてください。
  • 副作用があらわれたと思ったら、主治医または薬剤師に相談してください。
  • 二次除菌治療では、飲酒により腹痛や嘔吐、ほてり等が現れることがあるので、服用中は飲酒を避けてください。

料金

尿素呼気試験 1590円前後
H.pylori抗体測定 720円前後
便中H.pylori抗原測定 882円前後

保険診療3割負担、検査だけの値段です。ほかに診察料がかかります。