武蔵野台クリニック 内科・消化器内科

MENU

生活習慣病

medical

生活習慣病- Medical -

高血圧

高血圧とは

血圧とは血液が流れる際に血管の壁にかかる圧力のことです。高血圧は、血圧が正常範囲を超えて高い状態が続く病気で、収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上のいずれかの場合を言います。
高血圧のコントロール目標は年齢や持病により細かく分類されています。

厚生労働省の調べでは国内の患者数は約1000万人とされますが、日本高血圧学会は、治療を受けていない人を含めると約4300万人にのぼると推計しています。
高血圧を放置すると血管に常に負担がかかるため、動脈硬化の原因となります。
高血圧は大きく分けて本態性高血圧と二次性高血圧があります。

本態性高血圧の原因ははっきりしませんが、食生活、ストレス、過労、肥満、遺伝等が考えられています。

本態性高血圧の治療はダイエット、減塩、運動などの食事生活習慣の改善、それでも改善しなければ投薬を検討します。高血圧の薬は多くの種類があります。併存疾患や腎機能などにより薬の選択が変わります。
二次性高血圧は高血圧患者の約10%を占めると言われています。大部分はホルモンの病気と言われていますが、腎臓病、循環器系の病気が原因のこともあります。

脂質異常症

脂質異常症とは血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が基準値より多い状態を言います。
脂質異常症の状態が続くと動脈硬化を引き起こしやすくなります。その結果心筋梗塞、脳卒中などのリスクが高くなります。

脂質異常症の検査は総コレステロール(TC)、中性脂肪(TG)、HDLコレステロールを測定し、TG400mg/dL未満の場合はLDLコレステロールを計算式から算出します。

LDLコレステロール計算式=TC-1/5×TG-HDLコレステロール

現在は直接法によるLDLコレステロール測定が普及しています。
TG400mg/dL以上のときはLDLコレステロール計算式に当てはまらないため、non-HDLコレステロールを計算します。

non-HDLコレステロール=TC-HDLコレステロール

下記のような基準でスクリーニングします。(空腹時)

  • LDLコレステロール140mg/dL以上で高LDLコレステロール血症
  • HDLコレステロール=40mg/dL未満 低HDLコレステロール血症
  • TG=150mg/dL以上 高トリグリセライド血症
  • 170mg/dL以上 高non-HDLコレステロール血症

LDLコレステロール、TGが高いほど、HDLコレステロールが低いほど心筋梗塞などの冠動脈疾患の発症率が上がることがわかっています。

動脈硬化学会のガイドラインでは、冠動脈疾患の発症リスクを年齢や血圧、糖尿病の有無などを元に点数化してリスク分類しています。
そうして各リスク群別にLDLコレステロールの治療目標値を定めています。

脂質異常症には家族性高コレステロール血症や、なんらかの病気による二次性脂質異常症があり、慎重に見極める必要があります。
治療は生活習慣改善(食事療法:適切なカロリー、ダイエット、運動)を基本として、薬では現在頻用されているスタチン、フィブラート系のほかに近年PCSK9阻害薬やMTP阻害薬が市販され、より低い治療目標値の実現が可能となっています。

糖尿病

糖尿病とは血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。
血糖が高いだけでは自覚症状が出にくいですが、高血糖の状態が持続すると全身の微小血管や神経が徐々に傷んできて、進行すると目、腎臓、神経の障害が出てくるようになります。そうなる前に血糖コントロールをすることが大事です。

糖尿病の診断には以下の項目があります。

  • ①空腹血糖126mg/dL以上
  • ②75gOGTT2時間値200mg/dL以上
  • ③随時血糖値が200mg/dL以上
  • ④HbA1cが6.5%(NGSP値)
2回検査必要なとき
①~③のいずれかの場合は別の日に再検査し、①~④のいずれかが出れば糖尿病と診断。
④のみの場合は別の日に再検査し、①~③いずれかが出れば糖尿病と診断。
1回で診断できるとき
①~③のいずれかかつ、高血糖症状(口渇や多飲多尿)か、糖尿病性網膜症があるとき。
①~③のいずれかと④が確認できるとき。

糖尿病は1型、2型、そのほかの分類(他の病気による2次的なものや、薬など)、妊娠糖尿病に分類されます。
インスリンは血糖を下げる唯一のホルモンで、24時間持続的に血中に存在し、食事により血糖上昇を感知すると膵臓のβ細胞からインスリンが放出され、血糖上昇を抑えます。
糖尿病はインスリン分泌が少なくなるか(1型)、インスリンが作用しづらくなる(2型)かのどちらかにより引き起こされます。

1型糖尿病

何らかの原因により膵臓のβ細胞が破壊され、インスリン分泌がされなくなる/少なくなるのが原因です。すなわち、生活習慣が原因ではありません。若い方に多く、痩せている方にも発症します。急激に発症する場合と緩徐に進行する場合があります。
治療はインスリン注射になります。

2型糖尿病

インスリン分泌は保たれていますが、インスリンが作用しづらくなってしまい、糖尿病を発症します。生活習慣(食生活、運動不足、肥満)が原因です。治療は食事療法、運動療法です。それでも血糖が落ち着かない場合は内服薬や、一時的/補助的にインスリンを注射することもあります。
そのほか、肝硬変の方はインスリンが作用しづらくなっているため、2次性の糖尿病の原因になりえます。ステロイドにもインスリンを効きづらくする作用があります。ステロイドによる糖尿病の方は食後に高血糖となるため、朝食前は血糖が低くても、食後に血糖が上昇します。

肥満

BMI(Body Mass Index)という指数があって、身長をメートル(m)で表し、体重(kg)とするとBMI=体重(kg)÷(身長m)2で表されます。
BMIが22が標準、25以上が肥満とされています。35以上は高度肥満とされます。
肥満はホルモンの病気で二次的に起こることもありますので、鑑別が必要です。
高血圧、脂質異常性や糖尿病、あるいは肝臓の数値が高い(非アルコール性脂肪性肝疾患)、睡眠時無呼吸症候群などを認めた場合は肥満症の診断となって、治療が必要です。基本的には生活習慣の改善、ダイエットです。
ほかの治療は、食欲を抑える薬(条件付きで保険適用)や、脂肪吸収を抑える薬(条件付きで保険適用)、外科的手術(条件付きで保険適用)があります。