武蔵野台クリニック 内科・消化器内科

MENU

消化器内科

gastroenterology

消化器内科- Gastroenterology -

消化器内科では主に口から肛門までの消化管(食道・胃・小腸・大腸)や肝臓、胆のう、すい臓の病気を扱っています。これらの臓器に異常が起こるとさまざまな症状が出てきます。
次のような症状がある方はお気軽にご相談ください。

  • 胃の痛み、胃のもたれ
  • 胸やけ
  • げっぷ、はきけ
  • お腹の張り、腹痛
  • 便秘、下痢
  • のどのつかえ、のどの違和感
  • 食欲の低下、体重減少
  • 黄疸(からだが黄色くなる)
  • 黒い便が出る、真っ赤な便がでる
  • 薬のシートを間違って飲み込んでしまった

逆流性食道炎

強い酸性の胃液などが食道へ逆流し、食道に炎症が起こって、胸やけや胃のはりなどの症状が出る病気です。慢性的な咳も症状の一つであるため、咳が長引いて、かつ、呼吸器内科で問題ないと言われた方は一度内視鏡検査を受けたほうがいいとおもいます。逆流性食道炎は食道裂孔ヘルニアやピロリ菌感染していない方に多いです。ピロリ菌に感染していないということは慢性胃炎がなく胃酸分泌が盛んということです。食道裂孔ヘルニアにより胃酸が食道に逆流しやすくなります。上部消化管内視鏡で診断がつきます。
治療はまず胃薬(胃酸を抑える薬)を処方します。必要により消化管運動改善薬を追加します。

詳しい画像はこちら

胃潰瘍/十二指腸潰瘍

潰瘍(かいよう)とは、粘膜が炎症を起こして組織に深い傷ができ、えぐられた状態のことを言います。原因としてはピロリ菌の感染により発症した慢性胃炎を母体としたものと、痛み止めとしてよく使用される非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)がよく知られています。また脳卒中や外科手術、自然災害後の強いストレスなども原因となりえます。

症状は食後の上腹部痛が胃潰瘍に多く、食事すると痛みが改善するのが十二指腸潰瘍に多いです。しかし腹痛がなく、出血(吐血、下血=黒色便)で受診となるケースもあります。上部消化管内視鏡で診断します。
治療は胃薬(胃酸を抑える薬)です。そのほか必要により胃粘膜の薬を追加します。胃潰瘍/十二指腸潰瘍の急性期は危険な病態を取ることがあります。当院で対応困難と判断したときは患者様やご家族様とご相談し、基幹病院にご紹介いたします。

詳しい画像はこちら

NSAIDs潰瘍

NSAIDsと言われる、非ステロイド性抗炎症薬を内服中の場合胃十二指腸潰瘍、消化管出血の危険性が高まることが知られています。特に胃潰瘍に多いです。胃の出口付近に浅い潰瘍が多発することが多いです。NSAIDs内服中の方は定期的な血液検査や内視鏡が必要です。NSAIDs潰瘍の治療はNSAIDs中止可能なら中止、胃薬(胃酸を抑える薬)です。そのほか必要により胃粘膜の薬を追加します。下記画像では食道、胃、十二指腸に浅い潰瘍ができています。

詳しい画像はこちら

機能性ディスペプシア(FD)

胃もたれなど腹部の不快な症状がありながら上部内視鏡などの検査で原因となるような疾患がないものを機能性ディスペプシアといいます。上腹部症状により生活の質(QOL)が下がります。
この中でピロリ菌除菌により症状が改善するものをH.pylori関連ディスペプシアと呼びます。

機能性ディスペプシアの原因は遺伝的、社会的要因や胃腸の動き、内臓知覚過敏、食生活、腸管感染の既往などが考えられています。
治療にはピロリ菌感染があるならピロリ菌除菌、プロトンポンプ阻害薬などの胃酸分泌抑制薬、消化管運動機能改善薬、漢方薬、抗うつ薬、消化管粘膜保護薬など、多くの種類があります。

異物誤飲※図2

異物誤飲※図2 薬のシート誤飲 内視鏡で除去

薬のシート誤飲や入れ歯の誤飲などでも大きさにより、内視鏡で取り出すことができます※図2。ただし胃の中が食事で充満している場合や、十二指腸に流れてしまった場合は取り出すことはできません。
現在の薬の包装は誤飲予防のために1個単位ではなくなっていますが、薬のシート誤飲の多くはシートにハサミを入れてしまった場合がほとんどです。

アニサキス食中毒※図3

アニサキス食中毒※図3 アニサキス 内視鏡で除去

アニサキスは寄生虫(線虫)の一種です。

その幼虫(アニサキス幼虫)は、長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見えます。
アニサキス幼虫は、サバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの魚介類に寄生します。
急性胃アニサキス症の症状は食後数時間後から十数時間後に、みぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐を生じます。
感染原因食:サバが最も多いと考えられています。

アニサキス幼虫が寄生している魚介類は、サバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどです。アニサキス食中毒予防には生食は避けたほうが良いですが、-20℃24時間以上で死滅するといわれています。
治療は内視鏡下でアニサキスを除去します。

潰瘍性大腸炎

何らかの原因により大腸の粘膜などに炎症やただれ、潰瘍ができる病気で、厚労省の特定疾患の難病として認定されています。代表的な症状としては、血便、粘血便、下痢、血性下痢です。そのほかの症状は腹痛、発熱、食欲不振、体重減少、貧血です。更に関節症状、皮膚症状も合併することがあります。
この病気は、30歳以下の成人に多いですが、小児や50歳以上の年齢層にもみられます。また症状は一時的に改善(寛解)、再発を繰り返すことが多いです。

潰瘍性大腸炎とよく似た症状を呈する病気として感染性腸炎や特殊な腸炎があります。そのため診断には症状や腹部所見だけではなく、これまでかかった病気や現在内服されている薬、海外渡航歴など詳しくお話を聞く必要があります。検査では下部消化管内視鏡だけではなく、血液検査、便細菌培養検査も行われます。
潰瘍性大腸炎と確定診断がついたら病気の程度、範囲、それまでの治療経過を総合して治療方針を決定します。基本的には寛解導入を目指し、寛解導入後はその状態を維持する治療となります。近年様々な新薬が登場し治療の選択肢が増えています。

なるべく患者様の生活の質を下げないように治療を継続していきたいと考えております。一方、病状が急激に変化することもあります。治療継続が困難であると判断した場合は患者様、ご家族様とご相談しながら高次医療機関に転医を考えてまいります。

詳しい画像はこちら

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは、大腸や小腸そのものには原因が無いにもかかわらず、下痢や便秘などの便通異常、腹痛や腹部膨満感などの腹部症状が慢性的に続く症候群です。発症には、ストレスが大きく関係しています。

IBSの国際的な診断基準としてRomeⅣが用いられています。

Rome Ⅳ基準(Lacy BE, et al:Bowel Disorders. Gastroenterology 150:1393‒1407, 2016)
#腹痛が、最近3ヶ月の中の1週間につき少なくとも1日以上は生じる。
症状の開始が6ヶ月以上前、かつ、基準を満たす期間が3ヶ月以上
その腹痛が

  • 1 排便に関連する
  • 2 排便頻度の変化に関連する
  • 3 便形状(外観)の変化に関連する
  • 1~3の3つの便通異常の2つ以上の症状を伴うもの

と定義されています。

便通異常によりIBSは便秘型(IBS‒C)、下痢型(IBS‒D)、混合型(IBS‒M)、分類不能型(IBS‒U)などに分類されています。
IBSは男性より女性に多く、男性は下痢型、女性は便秘型が多い傾向にあります。

治療

生活習慣の改善
一言でいうと規則正しい食生活に尽きます。暴飲暴食を避け、ストレスをためないこと、十分な睡眠を取ることが望ましいです。
薬物療法
  • ①プロバイオティクス(整腸剤)
  • ②高分子重合体:寒天のように水分を吸収し便に適度な水分保持させ、容量が増すことにより効果を発揮します。
  • ③5‒HT3拮抗薬:腸管蠕動運動異常を改善させる作用があり、下痢型で用いられています。
  • ④粘膜上皮機能変容薬:便秘型に用いられます。
  • ⑤抗コリン薬:腸管蠕動運動を抑えます。
  • ⑥下剤:浸透圧下剤、刺激性下剤があります。
  • ⑦腸管運動調節薬:腸管蠕動運動調節します。
  • ⑧止痢剤
  • ⑨抗不安薬/抗うつ薬
  • ⑩漢方薬
  • ⑪抗アレルギー薬

上記のように治療薬は多くあります。また患者様により症状や合う治療薬は違います。
ご相談しながら治療をすすめてまいります。

虚血性腸炎

下部消化管出血の原因の一つです。突然の血便に腹痛を伴います。
腸に栄養を送る血管の閉塞、狭窄により血流が一時的に途絶え、大腸粘膜に炎症や潰瘍が発症し、突然の腹痛と下痢・血便を来たします。
なりやすい人:高齢者、糖尿病・高脂血症などの動脈硬化や血流低下をきたす基礎疾患、慢性便秘。
好発部位:大腸の左側から下腹部にかけて(下行結腸、S状結腸)。
治療:入院、絶食、輸液の保存的治療により数日間経過観察。
軽症例は外来での経過観察でも可能。一過性型では短期間のうちに完治しますが狭窄型では狭窄解除のために手術が必要となることもあります。

詳しい画像はこちら

大腸憩室症

大腸の壁の弱いところが腸内の圧に負けて袋状に外に飛び出たものを大腸憩室と言います。憩室炎か憩室出血を来さなければ基本的に症状はありません。

大腸憩室炎

大腸憩室に細菌感染が加わって、憩室炎がおきます。
症状とCT検査で診断がつきますが、部位によっては虫垂炎との鑑別がむずかしいことがあります。治療は抗生剤点滴です。
炎症が高度な場合は穿孔し、腹膜炎になることもあり、このときは外科的手術を検討します。また、何度も繰り返したりすると狭窄することもあります。

大腸憩室出血

大腸憩室内の血管がきれて出血した場合を大腸憩室出血といいます。
ある日突然の血便で驚くのが大腸憩室出血の特徴です。多くの場合は腹痛を伴いません。
症状から大腸憩室出血を疑いますが、確定診断には大腸内視鏡が必要です。
可能なら下剤内服し大腸内を空の状態にして内視鏡を行います。

詳しい画像はこちら

治療

  • ①禁食、腸管安静→70%は自然に止まるといわれています。
  • ②内視鏡をして、内視鏡止血術※上記画像
  • ③腹部血管造影、塞栓術
  • ④バリウム充填療法

確定診断には大腸内視鏡ですが、憩室出血は短期間に出血し、止血を繰り返すことがあるため、内視鏡施行したときに出血していなかった場合は処置ができないことがあります。

B型肝炎

B型肝炎ウィルスは非常に感染力が強いウィルスで、血液、精液以外に唾液、汗、涙などの体液を通じて感染します。母子感染以外にも保育所、学校などでの集団生活での感染があります。

乳幼児期に感染すると免疫が発達していないため、ほとんどが持続感染となります。青年期になると免疫が発達し一過性の肝炎となり、そのまま慢性活動性肝炎となるか、肝炎が沈静化します(非活動性キャリア)。慢性活動性肝炎が持続すると肝臓の線維化が進行し肝がんの恐れが出てきます。
2016年10月1日からB型肝炎ワクチンの定期接種が開始されました。

B型肝炎ウィルス陽性の母親からの出生児に対するワクチンおよび免疫グロブリン投与により垂直感染は激減していますが、近年成人の水平感染は慢性化しやすいタイプのB型肝炎ウィルス感染が増加しています。B型肝炎ウィルス感染は急性肝炎から慢性肝炎に移行した場合は特に症状がないため無自覚のうちに感染している例が多いと思われます。現在のところB型肝炎ウィルスを確実に排除する治療が確率されていないため、治療の目標は肝炎の活動を抑え、肝がんの予防としています。
#治療薬はインターフェロン、核酸アナログ製剤があります。インターフェロンは週1回、24~48週注射します。核酸アナログ製剤は飲み薬ですが、長期継続投与が前提です。どちらかが優れているのではなく、患者様の年齢など背景により治療方針が決定されます。どちらの治療でも定期的に血液検査での経過観察が必要です。

C型肝炎

C型肝炎ウィルスは一旦感染すると、約70%で慢性肝炎へと移行し、肝線維化が徐々にすすみ、肝硬変に進行します。肝硬変から年約5~7%の頻度で肝がんが発症すると言われています。肝硬変の症状は、倦怠感、クモ状血管腫、手掌紅斑、女性化乳房が挙げられます。さらに肝硬変が進むと黄疸、腹水、浮腫、肝性脳症、食道静脈瘤を発症します。感染経路は感染血液の輸血、経静脈的薬物濫用、入れ墨、針治療が言われています。B型感染ウィルスより感染力は弱いため、保育所、学校などの集団生活の場での感染はないと考えられます。

C型肝炎ウィルスに対する治療

以前はインターフェロンが用いられていましたが、現在は飲み薬(8週、12週、あるいは24週:C型肝炎ウィルスのタイプ、肝硬変の程度、前治療歴の有無、薬剤の種類により期間が違う)での治療が第一選択です。この治療によりウィルス排除が期待できます。慢性肝炎から肝硬変まで飲み薬の治療となっています。ただし肝機能や腎機能が極端に悪い方は治療対象から外れることがあります。すでに肝硬変や食道静脈瘤がある方は定期的に血液検査やCT、腹部超音波、上部消化管内視鏡などの経過観察が必要です。

自己免疫性肝炎

肝細胞障害の発症と持続に自己免疫機序が関与していると考えられている、慢性に経過する肝炎です。
50~60代の女性に好発しますが、自覚症状は全身倦怠感、黄疸、食思不振があります。
症状からは診断できません。血液検査で肝臓の数値や自己抗体を検査し、その結果本疾患を疑います。確定診断には肝生検が必要です。当院では肝生検は行っておりませんので、患者様、ご家族様とご相談しながら高次医療機関に転医を考えてまいります。

原発性胆汁性胆管炎

以前は原発性胆汁性肝硬変と呼ばれていました。
病因がはっきりしない、慢性進行性の胆汁うっ滞性肝疾患です。
中高年女性に好発します。
症状はないか、皮膚掻痒感、進行すると黄疸が出現します。
血液検査でたまたま見つかって、検査をすすめたら診断がつく例もあります。
症状があるタイプと症状がないタイプがあります。
ほかの疾患を合併することもありますので、合わせて精査が必要です。
症状がないタイプでも放置すると無自覚のうちに病状が進行することがありますので、定期的に経過観察が必要です。