武蔵野台クリニック 内科・消化器内科

MENU

内科

internal medicine

内科- Internal medicine -

高血圧・高脂血症状・糖尿病などの生活習慣病をはじめ、かぜ・喉の痛みなどの日常的な内科疾患に対応しております。

風邪

風邪は、鼻や喉に生じる感染症のことで、原因となるウィルスは、200種類以上あると言われています。どのウィルスかによって障害の程度も変わってきます。典型的な症状としては、のどの痛み、鼻水・鼻づまり、くしゃみ・咳、発熱が挙げられます。「風邪は万病のもと」とはよく聞く言葉ですが、細菌による二次感染にも気を付けなければなりません。気管支炎や肺炎、小さなお子さまの場合ですと中耳炎なども心配されます。風邪には特効薬がありませんので、投薬するとすればつらい症状を抑える薬が中心となります。7日ほどで自分の体の自然治癒力で治癒しますが、時には咳が症状としてしばらく残ることがあります。

風邪のときは休養、保温、栄養の3つが大切になります。
日頃から風邪予防が大切です。手洗い、うがい、充分な睡眠、規則正しい食事を心掛けてください。
また、喉の痛みを訴えた場合、一般的な風邪と似ていますが、細菌感染では溶連菌感染、ウィルス感染では伝染性単核球症などの可能性もあります。
原因により治療方針を立ててまいります。

長引く咳

咳の原因により治療は1つではないため原因を見極めることが大切です。
細菌感染や何らかのアレルギーのこともありますし、呼吸器、循環器領域では肺炎や肺がん、胸水、心不全なども原因となりえます。
特に夜間や明け方咳で起きてしまう方は喘息のことがあります。
風邪が治っても咳がしばらく残ることがあります。
消化器領域では逆流性食道炎で咳が続くことがあります。肝硬変でも胸水、腹水が出ることがあります。
原因を精査し治療方針を立ててまいります。

発熱

感染症法という法律では、37.5度以上になると発熱、38度を超えると高熱と定義しています。発熱は原因が様々で、ときに原因の特定が困難です。
細菌感染やウィルス感染が多いですが、ほかにがんや膠原病、薬物、家族性地中海熱など、病気により緊急に対応しなければならないものとそうでないものがあります。それぞれ原因に応じて対応する必要があります。

インフルエンザ

インフルエンザは風邪によく似た病気で、どちらもウィルスを病原としていますが、ウィルスの種類が違います。毎年12月~3月が流行シーズンです。
インフルエンザはインフルエンザウィルス、風邪はアデノウィルスやライノウィルスなどのウィルスが関与しています。
インフルエンザは、風邪よりも症状が重くなる、という特徴があります。咳、喉の痛みだけでなく、40度近い高熱や頭痛、関節の痛み、強い倦怠感といった症状が全身に現れます。小児ではまれに急性脳症、御高齢の方や免疫力の低下している方では二次性の肺炎等、重症になることがあります。
ウィルスは毎年変化して新しい型が登場しますから、インフルエンザワクチンの予防注射は毎年受けておく必要があります。感染を完全に防げるわけではありませんが、症状の重篤化を抑えてくれます。毎年暮れごろから春先にかけて流行するので、その前に済ませておくのが良いと思います。注射の効果が出るのに半月くらいは必要です。効果は5ヶ月くらい続きます。

倦怠感

体がだるい、疲れた、何もする気になれない、といった気分は誰しも一度や二度、経験したことがあると思います。こんな状態は倦怠感という言葉で表現されます。ただ考えられる原因は、フィジカルとメンタルとに分けられます。

フィジカルの方は、風邪やインフルエンザといった感染症、貧血、心臓や肺の疾患に伴う低酸素状態などが挙げられます。睡眠中に呼吸の止まる睡眠時無呼吸症候群も原因となります。或いは、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるバセドウ病や、インスリンというホルモンの分泌不足による糖尿病によっても倦怠感が症状となって現れます。一方のメンタルな原因ですが、うつ病やパニック障害などが代表的です。アルコールを始めとする薬物中毒によっても倦怠感が生じます。対処法ですが、充分な睡眠、適度な運動、体を温める入浴、アロマセラピーなどは効果が期待できると言われています。ただ倦怠感が続く場合は、早めにお医者様の診断を受け、早期治療を心掛けることが大切です。

痛風

突然、関節が激しく痛む病気で、痛むところの皮膚は赤くなります。足の親指の付け根に多いのですが、足首や膝、肘、指などの関節に発症することもあります。尿酸の代謝異常が原因と言われています。肉や魚、野菜などに含まれる旨み成分であるプリン体が体内で分解されて尿酸が生成されます。この尿酸がうまく体外に排出されない状態を代謝異常と呼んでいます。痛風は、腎臓結石や心臓病などの合併症を引き起こすこともある病気です。プリン体は、お酒やレバー、エビ、いわし、かつお等の魚介類などに多く含まれるので、摂りすぎには注意が必要です。