MENU

大腸内視鏡の質とは

Quality Indicators for Colonoscopy

大腸内視鏡の質とは-Quality Indicators for Colonoscopy-

大腸内視鏡の質とは

腺腫発見率が大腸内視鏡の質の指標です。
米国消化器内視鏡学会ガイドラインでは、高い質の検査を受けるために患者から術者に「あなたの腺腫発見率はどのくらいか」と質問をするようにもとめ、腺腫発見率25%以上(全体)であるべきとしています(Gastrointest Endosc 2017;86 : 18-33)。

大腸内視鏡検査で1つ以上の腺腫が見つかる確率を腺腫発見率といいます。
腺腫発見率が25%とは、100人中25人に腺腫が発見される確率です。

腺腫とは、癌化する可能性のある腫瘍性ポリープです。
2つの大規模な検証から、腺腫発見率が上がると、がんの危険性が減り、大腸癌死亡率が低下することが証明されました。(N Engl J Med 2010;362:1795-1803、N Engl J Med 2014;370:1298-1306.)

大腸がん死亡率を下げるためには検査件数ではなく、腺腫発見率に注目してください。

当院の腺腫発見率

1-100例 49%
101-200例 63%

集計方法:当院で初回、かつ病理で診断が確定したもの。(大腸がん術後、当院で2度目以降、出血性腸炎は除外)
今後も腺腫発見率を定期的に公開していきます。

抜去時間について

腺腫発見率に関連するものに、抜去時間が挙げられます。
一般に大腸内視鏡ではまず奥まで挿入し、抜去しながら観察します。抜去時間=観察時間とみなします。
大腸内視鏡は見逃しの多い検査のため丁寧に検査することが求められます。
抜去時間が6分未満の群と6分以上の群で比較したところ、6分以上の群で腺腫発見率が高くなるという報告があります。(N Engl J Med2006;355:2533-41.)
当院では丁寧な観察を心がけているため、観察のみで15-20分かかります。生検やポリープ切除など、処置が加わると更に時間がかかりますのでご了承ください。

大腸ポリープ

S状結腸の典型的な過形成ポリープ
拡大観察で典型的な過形成ポリープ。基本癌化しないため、生検や切除しないで経過観察します。

詳しい画像はこちら

病理:腺腫
小さいポリープがあります。拡大観察で腺腫と判断します。これくらいの大きさなら生検鉗子でつまんだだけで取り切れます。

詳しい画像はこちら

他院見逃し例
一般的にポリープはひだの裏や曲がり角に存在する場合は見逃される危険性があります。本症例はS状結腸の曲がり角に位置していました。観察が不十分になりやすい場所でした。その場でEMRしました。{病理:大腸がん:取り切れたため治療は完了}

詳しい画像はこちら

病理:SSL
盲腸(一番奥)に位置する周囲と同色の平坦な隆起(矢印で囲まれた部分)。前がん病変であるSSLの可能性を考えEMRしました。

詳しい画像はこちら